加藤裁断所は東京都足立区の打ち抜き、裁断、超音波カット加工の専門会社です。マイクロファイバー、不織布、紙、生地全般などの加工はお任せください。

 加工の種類

加工の種類

代表的な加工の種類

当社の加工は大きく分けて以下の3つに分けられます。

打抜き加工/型抜き加工
超音波加工/テクノカット
スリッター加工

主な加工素材

・マイクロファイバー  ・不織布     ・紙
・生地         ・ビニール    ・粘着アルミ
・各種フィルム等    ・その他機能性素材

 ※上記以外の素材もお気軽にお問い合わせください。

打抜き加工/型抜き加工

打抜き加工とは?

打抜き裁断加工は金属製の打抜き刃を用いて、連続に重ねられた材料をプレス機で裁断する加工方法です。

画像の説明

当社ではお客様より図面を頂き、それを金型製造会社任せで金型を作り、ただ打ち抜くだけではお客様からの要望には100%応えられないと思っております。

金型製造会社に弊社のノウハウを伝え、打ち抜き作業で職人の技、こだわりの心を持って取り込む事。それが本当の意味でのモノ作りだと弊社は考えております。

打抜き刃(火造打抜型刃物、スエーデン鋼製造)を選択したり、金型からの提案といった弊社しかできないサービスを提供できるよう日々精進しています。


超音波カット/テクノカット

超音波カットとは?

超音波カットの原理は、簡単に言うと「刃物に超音波振動を与えることにより、切断効果を向上させる」 と表現できます。

画像の説明

特に当社のテクノカットはデザインカットにこだわっており、お客様のご要望も可能な限りお応え致します。

マイクロファイバー素材、ポリエステル生地、ポン地やファブリック、不織布などにはきわめて有効で、溶断したときバリが出ない、優しい風合いに切断します。

ほつれ止め用途として考えると、ヒートカット方式は安価で手軽ですが、溶かしたときにバリが大きく出てしまい品質上の問題となるとき、超音波カットはお客様の問題解決に大きく役に立ちます。

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional